銀行カードローンは専業主婦でも利用可能|銀行でお金を借りる方法

銀行カードローンは専業主婦でも利用可能

銀行カードローンは総量規制の対象外。だから、専業主婦も利用することができます。

 

申し込みの際に銀行カードローンの利用条件を確認してみて、「本人に収入がなく配偶者に収入のある方」というような表記があれば、申し込み対象として専業主婦も受け付けていることになります。

 

ただ、利用するにあたっては、通常の申し込みに加え、申し込み条件や制限が設けられています。

 

申し込み条件とは

「配偶者に収入があること」です。
専業主婦は自分で収入を得ていないため、銀行としては返済時のリスクヘッジとして、夫の収入を求めています。
ただし、夫の同意は不要ですので安心してください。

 

WEBからの申し込み画面では、「配偶者の年収」を入力する欄がありますので、正直に入力しましょう。
夫の年収が低いからといって、虚偽の情報を入力すると、かえって審査に通らなくなりますので注意してくださいね。

 

制限とは

専業主婦の場合、利用限度額が通常の融資に比べるとかなり低く設定されていて、30万円から50万円が一般的です。
本人に収入がないことを考慮して、本人にとって返済の負担が重くのしかからないようにすることと、銀行側のリスクヘッジでもあります。

 

専業主婦には利用条件や制限はあるものの、銀行カードローンは低金利。

 

お財布への負担も軽くなります。さらに即日融資を受けられるところもありますし、WEB上で「申し込み~融資」までを行うことができる「WEB完結」を導入しているところもあります。

 

この場合夫に知られることなくお金を借りることができます。
急な冠婚葬祭や思いもかけない出費をカバーするには十分なサービスだと思います。

 

※ご注意ください
一部の銀行は利用条件として専業主婦NGのところもあります。申し込みを検討されている場合は必ず「利用条件」を確認するようにしましょう。