銀行カードローンの利点|銀行でお金を借りる方法

銀行カードローンの利点

物には遣いやすいものもあれば、使いにくいと感じるものもありますよね。
その感じ方は人それぞれではありますが、銀行カードローンを使うときに他と比べて利点に感じることをお伝えしたいと思います。

 

銀行という安心感

銀行カードローンは銀行が発行しているものです。
銀行は公的機関とも関連があるため、安心で安全というイメージがあります。
お金を借りるにしても「悪徳業者」ではないことは明白。精神的にも安心して利用できます。

 

金利が比較的低め

銀行カードローンは消費者金融の商品と比較しても、金利が低く設定されています。
銀行は運用資金も豊富であることと、「融資したお金を必ず返済する」人をしっかりと見極めているからです。
一般的に「審査が通り難い」と言うのは、高い審査基準で返済能力がある人を判断しているからです。
しかし一旦審査に通過すれば、多額の借り入れや長期の借り入れでも、利息を低く抑えることが出来ます。

 

限度額が高め

消費者金融で一番高い上限限度額としては800万円となりますが、銀行カードローンは1000万円の限度額設定をしているところがあります。
申し込んですぐに高額な借入れはできませんが、優良なユーザーと判断されれば、多額の借入も可能となります。

 

消費者金融並みの融資スピード

銀行カードローンは「審査が通りにくい」といわれているため、申し込んでからお金を借りるまで時間がかかるイメージがあるかもしれませんが、最近は消費者金融並みのスピードで、「即日融資」も可能となっています。
「WEB完結」のサービスを導入しているところもあります。

 

専業主婦でも利用可能

銀行は、総量規制というルールの対象外です。
つまり、本人に収入がない専業主婦でも銀行カードローンを利用することができます。
(※一部の銀行カードローンは専業主婦NGのところもありますのでご確認ください)