銀行カードローンの欠点|銀行でお金を借りる方法

銀行カードローンの欠点

評判の良い銀行カードローンといえども、いいこと尽くしではありません。
残念ながら使いにくさや不便さという欠点が少々あるのも事実です。
しかし欠点を知ることでうまく活用する術も見つかると思いますので、ここでは銀行カードローンの欠点をお伝えします。

 

銀行口座がないと不便

銀行カードローンの場合、利用する銀行の口座を持っていない場合、受けられるサービスが限られてきます。
特に最近注目のインターネットバンキングを使ったサービスは、口座がなければ利用できません。
また返済方法もATMのみに限られてしまいます。

 

銀行によっては口座を新設しないとカードローンが利用できない

一部の銀行では、そこの銀行口座を持っていないとカードローンを利用することができません。
よって、カードローンを申し込むのと同時に口座開設手続きが必要な場合もあります。

 

ATM利用手数料が必要なところも

銀行によって対応は異なりますが、ATMでの借り入れや返済などで、利用手数料がかかるところもあります。
何回も利用すればそれだけ手数料もかさんできます。

 

欠点でもあり利点でもある「高めの審査ハードル」

銀行カードローンは消費者金融と比較して、審査が通りにくいというのが通説となっています。
その理由は「低金利での融資」です。
銀行は貸し倒れのリスクを最大限回避するため審査を厳しくし、返済能力の高い人物にしか融資していません。
その代わり低金利で融資し、長期利用できるようにしているのです。

 

「高めの審査ハードル」は、複数社から借入をされている人や多額のローンを組んでいる人には欠点になると思いますが、
視点を変えると「きちんと審査をしている」=「自分には返済能力がある」=「借金地獄に陥る可能性が低い」ということになります。

 

サービスが少ない

消費者金融と比べて、銀行カードローンの利用で受けられるサービスは少ないのが現状です。
ただし、即日融資や無利息期間を設けるなど、少しずつではありますがサービスの向上は見られます。

 

これらの欠点を理解して自分なりに工夫をすれば、欠点も欠点でなくなるかもしれませんね。