銀行キャッシングは総量規制の対象外|銀行でお金を借りる方法

銀行キャッシングは総量規制の対象外

「総量規制」とは、総借入残高が年収の3分の1を超えるような個人への貸付を原則として禁止されました。

 

また、総借入残高が100万円を超えるか、または自社で貸し付けている分の借入残高が50万円を超える場合に、給与証明書などの年収の裏づけとなる資料を顧客から取得することを貸金業者に義務付けたものです。

 

かつて、クレジットカードの使いすぎや安易な借金の繰り返しによって生活が破綻する人たちが続出し、大きな社会問題となったことから、「貸金業法」とよばれる法律が改正され、貸金業者による個人への過剰な貸付を抑制する目的で設けられた規制です。

 

この法律でいう「貸金業者」とは、クレジットカード業者や消費者金融業者、信販会社などを指しており、一般の銀行やゆうちょ銀行、JAなどの金融機関はその範囲に含まれていません。

 

このため、銀行による資金の貸付は、銀行のキャッシングまでを含めて、この「総量規制」の対象から除外されることから、年収の3分の1を超えるような高額の貸付を受けたい場合には、法的に認められていない一般の貸金業者ではなく、銀行を利用することによって実現可能となります。

 

ただし、法律上の「貸金業者」に該当する場合であっても、ショッピングでのカード利用のように、金銭ではなく商品やサービスの購入を目的とする場合は年収の3分の1要件は適用されず、また、複数の業者からのローンをまとめて借り換えをして金利負担を安くするような、借り手の側にとって一方的に有利な条件となる場合には、同様にこの規制は適用されません。