銀行キャッシングの申し込める年齢について|銀行でお金を借りる方法

銀行キャッシングの申し込める年齢について

笑顔の女性

カード1枚で気軽にお金を借りることが出来るカードローンは、世間一般に「サラ金」と呼ばれる消費者金融をイメージする人が多いと思います。

 

しかし、最近では大手メガバンクや各地方銀行もカードローンを実施しているところが多くあります。

 

銀行カードローンの特徴は、消費者金融のカードローンに比べて金利が低めに抑えられている点が挙げられます。

 

消費者金融と銀行で同じ金額を借りた場合は、銀行カードローンの方が支払う利息を抑えることが出来ます

 

申し込める年齢は、消費者金融と同様に20歳以上となっており、上限は各銀行によって異なります。
だいたい65歳から69歳ぐらいまでを、申し込める年齢の上限と定めているところが多いです。

 

また、消費者金融のカードローンで適用される、年収の3分の1を超える借り入れが出来なくなる「総量規制」は、銀行カードローンでは対象外です。
そのため、審査結果によっては年収の3分の1を超える借り入れができる可能性があります。

 

このように、銀行カードローンは消費者金融に比べて優れている点が多くあります。

 

しかし、銀行カードローンは消費者金融に比べて審査が厳しく、たとえ毎月安定した収入があったとしても、パートやアルバイトなど定職に就いていない人の場合は審査に落ちる可能性があります。

 

また、申し込みからカード発行までのスピードも、消費者金融に比べると遅い傾向があります。

 

消費者金融のカードローンも銀行のカードローンも、それぞれメリットやデメリットがあるのです。