銀行でお金を借りるための審査はイメージより難しくない

急な出費やどうしても支払いまでにお金が足りないとき、カードローンはうまく使えばとても便利な頼れる味方となります。

 

カードローンは運営している金融機関によって大きく分かれ、銀行と消費者金融の二種類があります。

 

元々は消費者金融が多かったのですが、最近は銀行もカードローンを提供しているところが多く、なかには消費者金融を傘下に収めた銀行系消費者金融というのも増えました。

 

銀行カードローンなら、銀行でお金を借りるという安心感があって借りやすいですし、収入のない専業主婦でも借りることができます。

 

銀行系の消費者金融もパートやアルバイトの方でも申し込むことができ、審査スピードも早いので人気があります。

 

審査の申し込み基準には違いがないので、安心して申し込めます。

 

カードローンの審査で何を重視して調べるの?

 

指をさす女性

銀行でお金を借りる、銀行カードローンの審査では信用情報機関から個人の信用情報を照会します

 

この信用情報で調べられる事は以下の2つです。

 

・現在、他の金融機関から借りているお金の額
・過去の事故履歴

 

ですから過去に延滞を繰り返していたとか、複数の金融機関から多額の借金をしているというような情報はすぐに知れてしまいます。

 

申し込み時に大きく違った情報を書いておくと、その分信用が下がり審査に落ちる可能性は高くなるでしょう。

 

それ以外には申し込み時の情報が判断材料になります。

 

収入や勤務先、勤続年数、役職、年齢、家族構成といったことが参照されます

 

それらはポイント付けられていき、その合計ポイントで審査が通るか決まります。

 

このポイントの付け方には各社のノウハウがあるのでしょうが、それがどんな内容なのかは外部からは解りません。

銀行でお金を借りる基礎知識

銀行カードローンは総量規制が適用されない?

 

チェック

総量規制とは、本人の借入残高が収入の3分の1以下となるよう、お金を貸す貸金業者を規制するものです。

 

これがあるために、収入が少なかったりなかったりする人は貸金業者からお金を借りるのが難しくなっています。

 

しかしこの貸金業者には銀行が含まれていないので、総量規制で消費者金融系カードローンからお金を借りることのできない人でも、銀行系カードローンからならキャッシングができる可能性があります

 

銀行口座と組み合わせて便利に使う

 

カード

銀行系カードローンでは、その銀行に開いている本人の口座のキャッシュカードにカードローンの機能を追加することができる場合があります。

 

これだと、一枚のカードでキャッシングもできるようになるのでとても便利ですね。

 

低金利で安心の銀行系カードローン、利用してみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンでお金を借りるメリットとデメリット

銀行カードローンのメリットとは?

 

銀行のカードローンにはいろんなメリットがあります。

 

一番のメリットとも言えるのが、銀行は「総量規制」の対象外ということです。

 

「総量規制」の対象ならば、年収の3分の1までの貸付け可能になりますが、対象外ですと年収の3分の1以上の貸付け可能です。ということは、最高限度額が大きいので大口融資を希望とする方に向いていますね。

 

金利は、消費者金融と比べると低金利に設定されているのでお得に感じますし、銀行なら私たちが普段の生活に利用しているので、信頼があり安心感も強くあって気軽に利用することができます。

 

銀行によって異なりますが、即日融資を受けれることもあります。

 

専業主婦の方からパートやアルバイト、それに学生の方でも借り入れ可能で収入証明書不要と手軽に誰でも利用可能です。

 

コンビニのATMや提携ATMから24時間、借り入れから返済もできてすごく便利ですね。

 

銀行カードローンのデメリットとは?

 

そしてメリットがあれば、デメリットとして挙げられることも少なからず出てきてしまいます。

 

銀行は消費者金融に比べると審査が厳しくなります。
審査の時間も少しかかってしまい長くて2~3日かかることもあります。

 

融資を受ける場合には、利用者の口座が必要とする銀行もあるので、その場合は手続きに時間がかかってしまいます。

 

銀行によっては即日融資を受ける場合、WEB申し込みをしても営業時間外であれば店舗に行かなければならないこともあります。

 

銀行カードローンでお金を借りる前には、どんなメリットとデメリットがあるか調べておくのもいいですね。